ひょんなことからバリで暮らす事になった、私のバリ島在住体験の記録です。ちょっとしたバリ島の知識、日々の出来事を綴っています。

初めて1人でバリ島を訪れた時の話

HOME > 初めて1人でバリ島を訪れた時の話

初めて1人でバリ島を訪れた時の話



今回は1人ではじめてバリ島に訪れた時のお話です。

みなさんは“ひとり旅“をしたことがありますか?
国内でも国外でも構いませんが、私は自分の子供に絶対留学、もしくはひとり旅をさせたいです。

“可愛い子には旅をさせよ“まさにその通りで、ひとり旅をすることでたくさんの人に出会い、いかに自分が1人では何もできないんだということ、たくさんの人に支えられているんだということを身を以て痛感させられます。



想定外のひとり旅

実は、私はもともとひとり旅をする予定ではありませんでした。

当初は友達と2人でバリ島旅行を計画していました。
しかし5日前くらいに友人が急用で行けなくなり、流石に私も考えました。

海外旅行は何回も行っていましたが、1人で海外はやはり心配なことが多々ありました。

ましてや言ったことのない国。

うーん。と思いましたが、当時仕事が大変忙しくこの機会を逃したらもう行けない!キャンセル料もかかるし。と考え、思い切って1人で行くことにしました。



私は英語もそんなに得意ではありません。
飛行機はガルーダインドネシアの直行便で、日本人のCAさんもいたので安心でした。

バリの空港に到着しても匂いが南国な感じでした(笑)
空港の職員の人も運良く日本語が少し話せる人だったので、なんとかクリアできました。

税関を突破し、扉が開くとセレブになった気分。たくさんのバリ人がお出迎えしていました。(ほぼタクシーの運転手)



日本人女性はどうにも肌の色が白すぎず黒すぎず、優しい性格、比較的お金持ちというイメージがバリ人であるらしく、バリ人男性にかなりモテます(笑)

1人でウロウロしていたら何十人に声をかけられ、モテてる感じがします(笑)



タクシーでちょっと揉める

空港でホテルまでのタクシーを捕まえました。
前の記事にも書いたように、メーターのないタクシーが多いです。

案の定私は、メーターのないタクシーに乗りました。
そもそも知らない人とタクシーで、というシュチュエーションがかなり怖いですよね。

そのままどこかへ連れて行かれるのではとも考えましたが、無事ホテル到着。

たしか10分くらい走って2500円といわれたので、あまりにこれは高いと思い値下げ交渉。

喧嘩口調になり1500円で和解しました。(それでもかなり高い)



ちなみにマネーチェンジは空港で行いました。
これも今思えばかなり損。

ただ安心には変えられません。もちろんマネーチェンジの職員にもナンパされます 笑

レートが変わることもわかっていなかったので、ドカっと全部変えてしまいましたが、毎日レートが違うので、みなさんはいい時に使う分だけ変えましょう。



当たり前?バリにはヤモリや虫が多い

バリにはまぁ、どこにいてもヤモリがいます。
もちろんホテルにも。

ヤモリはバリ島では“富と幸運をもたらすもの“と考えられているため、大切にされています。

特に害もないのでみんな知らん顔ですね。

あと、犬も道路をウロウロしています。
狂犬病に気をつけろなんてガイドブックには書いてあるので、はじめはかなり怖かったです。

でもどのワンちゃんも人慣れしていて、落ち着いています。



蚊もすごく多いので要注意です。
O型だからなのかなんなのか、私は本当によく蚊に刺されます。

蚊除けを持ってくるのを忘れたので本当に大変でした。

何もなかったですが、やはり予防していないとデング熱などになるので気をつけないといけません。蚊除けは必須アイテムです。



最初の食事はいまいちだった

さて、夕飯はどうしよう。
と考えて近くの綺麗なショッピングモールにいきました。

クタビーチ沿いのビーチウォークというショッピングモールです。割と新しくできていろんなブランドが入っています。

とりあえずオシャレそうなレストランへ。


ん??

メニューを見てもかろうじて英語を読んでも写真がないので、何のメニューなんだか結局分かりませんでした。

唯一写真があったオニオンリングを頼んだものの、あまり美味しくないという結果。

バリ島についてタクシーも高いしご飯も分からないし、こんな始まりでこの旅は楽しめるのか。と不安になった初日でした。



次は初バリ島その後を書いていきます!
この失敗談がみなさんの成功に繋がりますように。

関連記事など


Copyright (c) 2015 BALI LIFE - バリ島での暮らしの記録 - All rights reserved.