ひょんなことからバリで暮らす事になった、私のバリ島在住体験の記録です。ちょっとしたバリ島の知識、日々の出来事を綴っています。

お洒落なスポット「スミャック」へ! 美味しいお肉をごちそうしてもらう

HOME > お洒落なスポット「スミャック」へ! 美味しいお肉をごちそうしてもらう

お洒落なスポット「スミャック」へ! 美味しいお肉をごちそうしてもらう



最近はすこぶる寒いバリ島から、今回も書いていきたいと思います!

日中は太陽サンサンバリ島も、日本が夏の時期はこちらは一応冬にあたるので、朝晩は長袖がちょうどいい季節になりました。

バイクに乗る際はもっとあったかい格好をしないと寒いです。

日本人の私がそう思うので、常夏で暮らして来たバリ人はもっともっと寒いのではないかと思います(笑)



バリのオシャレスポット!スミャックへ行ってきたよ

そういえば先日、バリ島でもオシャレスポットのスミャックに行って来ました!

まぁなんせ、バリ島に来るときにはいつもローカルの友人といるので、そんな観光地に行った事はなかったのですが(行ってもクタくらいまでですが)、今回はバリニーズの友人がお給料が入ったということで!

美味しいお肉をご馳走してくれるというので、スミャックまで行きました!

バリニーズが日本人に、観光地値段のご飯をご馳走してくれるなんてめったにない事なので(笑)



現在バリ島は、ジャワの方々がお休みのようで観光にたくさん来ています。

ジャワの方々は、同じインドネシアでも宗教が違うので、身なりが全然違いますね〜。

本当に沢山人がいて、どこもかしこも大渋滞!
有名なレストランなんかは2時間待ちでした。

もちろん、スミャックに向かうバイパスも大渋滞。なんとかスミャックについても、スミャック内はかなり道が狭いので車で行ったらもう帰れない状態でした。

こういう時はやはりバイクが助かりますね〜。



悲報 噂のお肉屋さんが閉店

ここだよ〜と、やっとこさ着いた噂のお肉屋さん。なんと閉店していました(笑)

わざわざスミャックまで、こんなに渋滞に巻き込まれながら来たのにー!っともう笑うしかない状況でした(笑)

まぁ、バイクで初スミャックをジャランジャラン(散歩)。
必ずガイドブックなどでもスミャックは掲載されているくらい、ハイセンスな街です。

パパーっとお店を見ただけでも、女性はかなりお金を使ってしまうのではないかと思うくらい、ドツボな洋服や雑貨がたくさんありました!

今度ゆっくり見たいけど、もちろんお値段もそれ相当ですね〜。



どちらかというと、やはり欧米の方が多い気がしました。
レストランも、バリ島のワルンよりもやはりオシャレな欧米食が多かったです。

日本でいうなら、デンパサールは一応バリ島でいう首都なので「東京」、クタは「新宿と」いう感じですね。

ウブドは「代官山」という感じで、サヌールは「自由が丘」かそんな感じで、スミャックは「原宿、渋谷」というイメージでしょうか(笑)

またバリ島の下に位置する、ヌサドゥア、ジンバラン、などなどはリゾート地なので。静かで落ち着いた避暑地。那須とか軽井沢的な感じでしょうか。



結局、ジャパニーズレストラン「焼肉サカイ」で食べる 笑

脱線しましたが、晩御飯はなくなく肉つながりで焼肉サカイで食べました(笑)

なんだかんだ、ジャパニーズレストランがどこも空いていて入りやすかったのと、肉を食べるつもりのお腹だったので(笑)



食べ放題で1人1500円(バリにしては高め)、子供も含め3人で3000円なら安いか。と日本感覚で思いつつ食べ、お会計は彼が。

なんと5000円!
サイドメニューも頼んでしまったせいで…

バリで言うならアドー!という感じ。
日本でいうならまぢかー!という気持ちでした(笑)

まぁ、たまにの奮発で。奢りでしたし(笑)



それにしても焼肉のサカイや日本のお店、結構バリ島に進出していてすごいなぁと感じますね。

サカイの定員のインドネシア人の方々も、日本語でいらっしゃいませ〜と言っていました(笑)

たまに日本食が恋しくなるのでバグース(最高)でした!
まだまだ知らないバリ島がたくさんあって、面白くなりそうですね!



関連記事など


Copyright (c) 2015 BALI LIFE - バリ島での暮らしの記録 - All rights reserved.