ひょんなことからバリで暮らす事になった、私のバリ島在住体験の記録です。ちょっとしたバリ島の知識、日々の出来事を綴っています。

バリ島に住んで言葉の壁をなくすのに役立ったことは・・・

HOME > バリ島に住んで言葉の壁をなくすのに役立ったことは・・・

バリ島に住んで言葉の壁をなくすのに役立ったことは・・・



やはり、どこの国に旅行に行っても言葉というのは異なりますし、絶対にぶつかる壁だと思います。

現に私もバリ島に何度も訪れているし、長期滞在しているものの、インドネシア語、バリ語はまだまだ上手ではありません。

私の知人はバリ語もインドネシア語も日本語も英語も話せますし、仕事であるサーフィンを教える際には中国語、韓国語も少し話せます。



せめて英語が話せたら、どこの国に行ってもだいたい通用しますが、私はそれもそこまで得意ではないのですよね。

そもそもバリ島のおばさん、おばあさんくらいの年齢で田舎に住んでいる人は、まぁ英語も話せませんのでコミュニケーションはどうとればいいのか‥と初めは一歩引いたところにいました。




1つの国なのに複数の言葉を使い分けるのが普通

日本と比較して、たくさんの島からできているインドネシアは特殊で、インドネシア語の他にもジャワならジャワ語、バリならバリ語というものがあるのでこれまた厄介。

同じ島の人はその言葉で話すし、島は違うけれどインドネシア人相手ならインドネシア語で話す・・・という、複雑な使い分けをいつもしているわけです。

なんだかめんどくさくないのかなぁ、というか、小さい子供までも2ヶ国語(ヶ国語というのはおかしいですが)が話せるのが普通なんて、すごいなぁといつも思います。



前にも書いたように日本のような方言とは違い、本当に全く違う言葉になるんです。

なぜ、同じ場所にいるのにそんな使い分けが必要なのかなぁと思っていたのですが(一つに統一すればと)、バリ島に長くいるうちにその理由がわかってきました。



言葉で何人かが見分けられる

これは私がよく体験することなのですが、やはり観光で人気のスポットなどは料金が高い!

もちろんそこには他国からの観光客が訪れるだけではなく、ローカルだってその観光地には訪れますよね?

そんな時、チケット販売のおじさんなんかにバリ語で話せば、あ。この人はバリ人なんだとすぐにわかります。

そうなると、もちろんローカルプライス!

買い物などもそうです。
販売の人も同じバリニーズであることがもちろん条件ですが。




バリ島は、特にジャワ島などから出稼ぎに来る人も多いので私には外見で見分けることはできませんが、そういう言葉で出身を察することはできます。

日本でも、関西弁なら関西の人だ!とすぐにわかりますよね?

私は知人がほとんどバリ人で、バリ人と接する機会が多いので、結局覚えたのはバリ語という(笑)

言葉がわからない時は、知人に通訳をしてもらってローカルと話していました。

言葉がわからなくても、バリ人は話している時にジェスチャーが大きいので、その様子が1人で漫才をしているみたいで面白くて笑ってしまうことも多々ありましたね。




言葉の壁を超えるために

私が言葉の壁を超えるのに大いに役立ったのと思う事は、「笑顔」でいることと自分も会話に参加するということ。

参加していれば話も振ってくれるし、わからなくても笑顔でみんなの輪の中にいれば、次あった時も覚えていてくれる。

言葉があれば本当の思いも相手に伝えられます。
でも、もし言葉が話せなかったら何で自分の思いを伝えられるのでしょう。

文化も違う、宗教も違う人達と自分が分かり合えるようになる根底には、やはりお互い相手に敬意を持つことというものがあります。

郷に入っては郷に従え、の精神をもつことが大切なのではないでしょうか。



関連記事など


Copyright (c) 2015 BALI LIFE - バリ島での暮らしの記録 - All rights reserved.