ひょんなことからバリで暮らす事になった、私のバリ島在住体験の記録です。ちょっとしたバリ島の知識、日々の出来事を綴っています。

バリ島への旅行時にあると便利なもの 日本では当たり前のものがない場合も多い

HOME > バリ島への旅行時にあると便利なもの 日本では当たり前のものがない場合も多い

バリ島への旅行時にあると便利なもの 日本では当たり前のものがない場合も多い



今回はバリ島に旅行で行く際に、これがあると便利だなぁと私が感じたアイテムをご紹介したいと思います!

ホテルに滞在する場合はいらない物もあるかもしれませんが、思いついたものを書いていきたいと思います。




格安航空会社を利用する場合にあると便利「ブランケット」

まず、飛行機に乗った際にあると便利なアイテムは、ブランケットです。

その理由ですが・・・・



バリ島までの直行便で有名な航空会社は、ガルーダインドネシアです。

お金に余裕があれば1番利用したい航空会社ですね。機内のサービス面も問題ありませんし、映画も観れます。

ただ、私のように渡航費はあまりかけたくない!という方には、やはり高い。



ガルーダインドネシアの他に、成田空港からバリ島までの直行便で、エアアジアという格安航空会社があるのですが、費用を抑えたい方にはこのエアアジアがオススメです!

ハイシーズンでも往復で、4万円で私はチケットが取れました。

時間に関しても、バリ島を夜出発して朝成田空港に到着するので、機内で寝ることもできます。体内時計的に無理がなくておすすめです。



しかし、オプションをつけない最安値で行くとなると、水も出ないし、ブランケットもありません。

私の場合、いつも飲み物は手荷物チェックをしてから免税ゾーン購入し、それを持って機内に入るようにしています。

しかし、わざわざブランケットを買うのは費用的に惜しいので、かさばると言えど私は必ず持っていきます。



機内は大変寒いです。

真夏でも、私は長袖パーカーを持参して羽織っています。当然足元も冷えるので、そんな時にはブランケットがあると非常に重宝します。

まあ、ケチらずオプションを付ければいい話ですが(笑)



ウエットティッシュは絶対あった方が良い

次にオススメするものは、ウエットティッシュです。

これはかなり使えます!
やはり、日本より衛生面は‥という国ですので、日本製のウエットティッシュは必須アイテムです。

もちろんこれに関しても、良いレストランに行けば必要ありませんが、ワルン(出店)に行くとティッシュすら置いていなかったり、手を洗うところがないパターンも少なくはありません。

そんな時にウエットティッシュがあれば安心。
ウエットティッシュ、日本なら100円ショップなどで売っているので全然問題ありません。




ドライヤーもあれば便利

次に必要だと感じたのはドライヤーです。
今となっては自然乾燥ですが、女子的には必須アイテムですよね。

意外とホテルにもないパターンもありますので、事前に確認をしましょう。



ない場合でオススメなのは、海外国内兼用のブラシ付きドライヤーです!ネットで3000円前後で手に入ります。

私が買ったものは、日常で使うドライヤーよりもコンパクトなのでかさばりません。

バリ島は電気のプラグが日本と違いますので、プラグももちろん必須アイテムです。これがないとドライヤーを持って行っても意味がありません・・・。




長期滞在になるともっともっと欲しいものが多くなる 日本ってやはり便利

今回は旅行で必要なもの・・というイメージでお話ししましたが、これが長期滞在となるともっともっと欲しいものが多くなります。

例えば、体を洗うシャカシャカ(ゴシゴシするやつ)、あれは日本製の方が優しくて種類が豊富です。

あと耳かき!
バリ島の耳かきはだいたい綿棒で折れやすいし、痛いので(笑)

もちろん、基本的な日用品はバリ島でも安く手に入りますので、荷物を減らすのならバリ島で買った方が良いものもあります。



などなど小さいことですが、今まで日本で当たり前にあったものが全くないので、日本は本当に便利だなぁと感じます。きっと日本の生活に慣れているせいですが。

なので、帰国するたびに日本の100円ショップのクオリティの高さに感動し、チャイニーズが100円ショップやドン・キホーテで爆買いする気持ちがよくわかります(笑)



関連記事など


Copyright (c) 2015 BALI LIFE - バリ島での暮らしの記録 - All rights reserved.