ひょんなことからバリで暮らす事になった、私のバリ島在住体験の記録です。ちょっとしたバリ島の知識、日々の出来事を綴っています。

バリ島でトイレのリフォームを行う トイレ環境はやはり日本が一番

HOME > バリ島でトイレのリフォームを行う トイレ環境はやはり日本が一番

バリ島でトイレのリフォームを行う トイレ環境はやはり日本が一番



今日は、昔から開かずの扉だったトイレをリフォームしました!

トイレは2つあるので大丈夫でしたが、そろそろ直そうと思い立ち、ようやく修理に至ったのでした(笑)

そもそも、こんなに時間が空いてしまったのは、トイレ業者にお願いしたのに、バリならではという感じでまったく業者が来ず、そのまま半年くらい経ってしまったからなのであり・・・

バリの好きなところでもあり、イラっとしてしまうところもあるですが、本当に適当です(笑)



トイレを買いに行く

とりあえず、トイレを買いにいこうとなったのですが、バリ島にはトイレの中古屋さんもあります。

バイパス沿いに、たくさんのトイレがそのまま並んでいるのがいつも目に入っていたのですよね。

だいたい1万円前後で買えると聞いていたので見にいったところ、やはり日本のTOTOはかなりの人気トイレブランドで、お値段もお高め。

日本人としては、さすがTOTOという気持ちでした(笑)



中古の知らないブランドでも1万円くらいとやや高めでしたので、ちょっと考えた末に違うお店へ。

同じバイパス沿いにある、Mitra10というお店に行きました。

洗濯機やエアコン、お風呂などなど、電化製品がたくさんならぶお店。なんとこちらではトイレが6000円!破格!と思い即座に買ったのでした。



ついでに、今までシャワーもホースのままつかっていましたので、シャワーヘッドも購入!

そこのMitra10というお店は、バリ島で珍しいくらいの丁寧な接客(笑) 逆にビックリしました(笑)

配送は、家まで近いというのに明後日になると言われたので、タクシーにトイレを詰め込み運びました(笑)

もちろん取り付け業者はこないので、自分で取り付けました。




バリ島のトイレ事情

そういえば、バリ島というか、アジア圏はなぜかトイレ便座が異常に大きいといつも私は感じます(笑)

たぶん、普通にしっかりと座ったとしたら、お尻が全部入ってしまうのではないかと・・・。

あと、床がきれいに掃除されているトイレは外でもみんな素足で入ります。私はそれに少し抵抗がありましたが(笑)



もちろん、トイレにはウォシュレットは付いていません。

しかし、トイレの隣にはだいたい小さなシャワーが付いており、それがウォシュレット代わりになっています。

勢いよく押すと水圧がかなり強いので、初めは驚きます(笑)



紙はあまり流さない方がいいのですが、場所によっては流していいよというところもあります(多分めんどうくさいから)。

というか、そもそも紙自体置いてあるトイレが少ないでしょうか。

あと、最近はボタンで水を流せる場所が多くなっていますが、まだ手くみ桶のトイレが多いです。

手くみとはそのままですが、トイレの隣に水の入った桶があるのでそこで水をくんで、トイレに流します。そうすると、水圧で下に落ちるシステムです。


補足として、バリではよくご飯を素手で食べますので、右手がご飯、左手がトイレ用となっているのですよね。




やはりトイレ事情は、どこの国に行っても日本が1番です。

いつも日本に生まれてよかったと感じます。
大好きなバリ島も水回り事情はまだまだだと感じることが多いので、今後もっともっとよくなるといいなぁと思います。



関連記事など


Copyright (c) 2015 BALI LIFE - バリ島での暮らしの記録 - All rights reserved.